次世代のイラストアプリ ProjectGemini(ジェムナイ)が凄い!

ども!イラストレーターのオクミです!ここだけの話、これからデジタルでイラストを書いていく人の使用するアプリとしてGemini(ジェムナイ)はかなりすごいですよ!

今回は、現在開発中の次世代を代表する凄い機能が搭載されまくったProject Gemini(プロジェクト・ジェムナイ)を紹介したいと思います。

Project Gemini(プロジェクト・ジェムナイ)ってなに?

ProjectGeminiのアイコン

読み方はジェミニではなく、ジェムナイです。日本人的にはジェミニでもいいかなとも思ってしまいますが。

開発中のため、プロジェクトとついています。

もともとAdobe社がリリースしているイラストアプリではIllustratorDrawとPhotoshopSketchというものがあります。簡単に言葉にして言ってしまうなら、Geminiはその両方を合わせてさらに機能を改善したというとこでしょうか。

リリース予定は2019年

ProjectGeminiのリリース予定

2019年にまずはios版がリリースされて、その次にウィンドウズ10に対応されるということです。

オクミ
待ち遠しい!

Geminiはここがすごい!

ProjectGeminiの水彩

とにかくすごい「Project Gemini」何がすごいかというと、ほんとうにデジタルで描いたものなの?という表現が、いとも簡単にできるように改良に改良を重ねられているところにあります。

ラスタとベクタの両対応

まずこちら。イラレ・フォトショを使ったことがある人ならお分りいただけるでしょうか。
・いままで線画はイラレで作って、色ぬりはフォトショ。
この両ツールの行ったり来たりをしなくてよくなります。

Geminiではペンの種類によって自動で、ビットマップとベクターデータをレイヤー分けすることで、二つの共存ができるようになりました。
くっきりした線も、ふんわりぼかすのもお手の物です。

優秀ブラシがさらに豊富に

次にIllustratorDrowとPhotoshopSketchでもそうですが、ラスタとベクタどちらも対応するようになったので、今までブラシに制限されていた表現がなくなります!

そして、フォトショップのブラシをインポートすることができるので、iPadがもはや液タブのようにお絵描きできるツールになります!

オクミ
ブラシや作画環境にしばられないなんて…!

にじみがすごい

ProjectGeminiの油絵

ブラシ自体の改良もすごくて、例えば水彩のブラシです。
今でもため息のでる美しいにじみ、水彩の絵の具の広がりが表現できますが。

これがさらに改良され、
・流量が追加され、にじみ具合を調整できる
・混ざり具合も調整できる
・かすれ、厚塗りの調整も可能に
と、ちまちまパレットで調節するより容易にできてしまいます。

にじみの調整機能

もちろん、現段階のPhotoshopSketchでも十分美しいにじみができます。
こちらでは、にじみを重ねる際はインク量を減らしたり、乾かすボタンで広がりを止めるかして調整しています。

これにどれだけ混ぜたいかの調整機能がつくイメージです。←この調整機能がまたすごいので期待してください!

8K対応でより精密な絵がかける

8Kまで対応しているので、制作キャンバスにも制限はほぼなしと言えるでしょう。

精密画も壁画もどんとこいですね!

UIがシンプルで使いやすい

最後にこちらですがGeminiはクリエイターの創造を止めないように、より使いやすい環境を作ってくれています。
今使っているIllustratorDrowとPhotoshopSketchで慣れた環境に加えて、進化するiPadやApple Pencilとの相互性もあります。

カラーパネルなど、よく使うツールをサイドバーから独立させることもできます。AiやPsのような作業環境みたいです。

精鋭のGemini5による開発

というのも、このProject Geminiの開発にはより描き手の使いやすさを追求するため、現在活動している有数のイラストレーターが加わっています。
日本でも「Gemini5」として現役のイラストレーターの方々から現場の意見が製品に反映されているそう。

オクミ
こんなことされたらますます使いたくなりますやん

今後の展開

Project Geminiは描き手の感覚にこだわった、理想の描画ツールとなるべく目下開発が進んでいるわけです。2019年のリリースに向け現在プロジェクトも細かいバグの調整など、大詰めを迎えているころでしょう。

本リリースされた際はまた使い心地や実際のレビューなどガンガン追記していきます!

やっぱりiPadProとApple Pencil

最後にこれを書くとえっと思われるかもしれませんが、2019年のリリースなんてあっという間です。
まだどちらも持っていないなら買っておいて損はありません。というか買うべきと言うしかないです。

・環境を選ばず、どこにいてもお絵描きできる
・かなり優秀なお絵描きアプリがたくさんある
・iPad Pro2018ならApple pencilの充電もスマート

アナログの良さを知るあなたこそ、いまこそデジタルのすごさを体感してみてください!

最新のApple Pencil(第二世代)のレビューはコチラです。

Applepencil(第二世代)レビュー ワイヤレス充電・ジェスチャー機能が最高!

2018.11.14

まとめ

オクミ
とにかく期待大です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です