こどもの頃の夢を叶えるチャレンジ「フライドポテト屋になる」

フライドポテト1

うまいポテトをたくさん食べたい。それが、こどものころのぼくの夢のひとつです。

「お金持ちになりたい」「プロ野球選手になりたい」「お花屋さんになりたい」など、人それぞれ大なり小なりの夢は持っているのではないでしょうか?

なぜ、おとなになると簡単に夢を諦めてしまうのでしょうか?

「やりたいな」「いつかやってみたい」と思っているだけでは、夢を叶えることはできません。

なので、必ずやり遂げるためにもスタートからゴールまでお見せしようと思います。

なぜなら、今でもうまいポテトがたくさんたべたいから。(簡単にできそうとかやめてね)

どうしたら、0スタートから実行まで移せるのかの過程も楽しんでみていただけるとうれしいです。

概要・目標設定

・とにかくうまいフライドポテトをつくる

・ゴールは人に提供できるレベルの到達

・実際にお客さんに食べてもらう(実店舗、イベント出店問わず)

ざっくりした感じですが、自分も満足できるうまいポテトを作って、人に食べてもらってうまいって言ってもらう、そういうことです。

目標年数

3年以内に設定してます。まだ具体的に動き出していないので、どの程度の難易度かわかりませんが、一応の目安として決めておきます。進捗スピードによっては、伸ばしたり短くしたります。

チャレンジをスタートするにあたって

研究アンド研究&実食が鍵だと思っているので、ひたすら作って調べて食べての繰り返しになると思います。

それをまとめてブログにできたらいいなと考えています。

今試そうと思ってることは試作&記録

地味ですが組み合わせをひたすら試してそれを記録するということをしようと考えています。

組み合わせをする要素がたくさんあるのでその洗い出しをまずはやっていきます。

既存のフライドポテトの調査・分析

専門店・ファストフード・冷凍食品問わず、今販売されているあらゆるフライドポテトの分析をしていきます。

フライドポテトが構成されている要素の分析

・いもの種類

・カットの仕方

・揚げ方(油の種類)

・作業工程

・シーズニング

・オプション

ざっくり仕分けるとだいたいこんな感じかなと思っています。

それらの無数ある組み合わせを試行錯誤していくことで最高のフライドポテトが完成すると思っています。

のちに試そうと思ってること

いもの品質改良

どこかに畑を借りて最高のポテトを作るために自分で品質改良するのとかも難しそうですが、やりがいがあって楽しそうです。

オクプラ
規模でけー

ブランディング

また、フライドポテトが完成したらになりますが、ブランディングとかも必要になってくるかと思いますので、今持っている力をすべてぶつけてやれることぜんぶやっていく所存!

さいごに

こどもの頃に思っていた、やりたいことを叶えてあげれるのは今の自分だけです。

ぼくは新しいことを始めるのに遅いことは絶対ないと思っているので、あなたが今何か始めたいなと思っているときにこの記事を見て刺激をうけて、一緒に新たな一歩を踏み出せることができたなら幸いです。

今日の一言

オクプラ
やるぞやるぞやるぞー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です