【トイレトラブルで電話をする前に】詰まりにはローポンプで対応!安く済む

2 min

結果からいうとトイレが治るまでの5日間、出かけた際に外出先でトイレを済ませるようにしたり、夜など家にいるときは風呂場でしたりと「したいときにできない」という非常につらい出来事が起きました。

おくぷら

おくぷら

もう二度と味わいたくない経験です。

ということで、トイレのつまりを解消するときに業者さんが使っていた「ローポンプ」(スッポンの強力なもの)を購入しました。

購入してから実際にトイレのつまりはおきていないのですが、ためしてみたところ非常に強力でいつでもトイレづまりかかってこいやという心持ちになりました。

また、ローポンプの購入の経緯、トイレづまりの解消のためよく広告で載っているトイレの業者さんを呼んだところ、作業に2万円と高額な料金がかかると言われ断ったという案件についても書いてますので、お手隙の際合わせてご覧ください。

おくぷら

おくぷら

業者呼ぶ前にローポンプ買って自分で試した方が安く済んでいいかもね!

自宅のトイレが五日間使えないストレスと恐怖

実際にトイレがつまってから管理会社がトイレを修理しに来るまでに、金曜の夜から土曜、日曜、月曜、火曜日の夕方まで5日間ほどかかりました。

細かくいうと、うちはマンションの管理会社が基本的に土日休みで、月曜の朝に連絡はとれたものの、当日は外出する用事があって火曜日に修理にくることしかできなかったためそのようになりました。

おくぷら

おくぷら

5日間はまじで地獄のような長さ

トイレつまりで業者を呼んだが、金額が高くて諦めた

金曜の夜だったため管理会社に連絡がつかなかったのが運の尽き。しかたなく、24時間即日対応の業者さんを呼びました。

本当にすぐ駆けつけてくれて、ホッと一安心したのですがそれは一瞬だけでした。

修理内容は究極の二択、しかもめっちゃ高ぇ・・・

提示された修理方法は、ローポンプを使用したものとトイレを丸ごと外すというものでした。

金額はローポンプ使用で2万円、トイレを丸ごと外したら7万円というもの。で、ここでポイントなのが

「ローポンプで直せる修理かもしれないけど、もしかしたら一時的な解決にしかならず、また繰り返すかもしれない。そうなればトイレを丸ごと外した方が確実な修理になる。」

と、言われたことでした。しかもこの場合、ローポンプを使用して直らなければその分のお金もかかってしまうという話。

つまり、安さだけでローポンプ修理を選んで修理してもらってダメだったら、結局トイレを外す修理をしなければいけないので、結局2万円余分にかかるということですね。

おくぷら

おくぷら

いや、ローポンプだけでも試してみてよー

というような気軽な感じではいかないということでした。だからって7万払う??安価なギャンブルすぎない??

なんか脅し文句みたいにも聞こえたので、結局うちは出張費の3,000円だけお支払いをして修理せずに帰ってもらうことにしました。

管理会社を5日間待って得たものはつまりの解消と使用アイテムの発見

業者さんはトイレを直すことなく帰られてしまったので、管理会社の修理を待つことにしました。

管理会社さんのお抱えの業者さんが来てからすんなり5分くらいで修理してくださったのですが、そのとき使用していたローポンプがズバリこれだったので即購入しました。

やっぱり業務用が最強

我が家ではこのローポンプ買う前に100円ショップで、ラバーカップ(通称スッポン)を買って試してみたり、一応ラップを便器に貼った対応もやりました(なんたって5日間あったからね)がどれもうまくいかなかったのでやっぱり業務用のこのローポンプは最強だなあと感じました。

※失敗の原因は単に圧迫するための密閉空間を作りきれなかったということに尽きます(なかなか難しいのよ)。

まとめ

賃貸にお住まいで、余計な支払いをしたくない方は管理会社の対応を待つ方が確実に安く済む方法ではないかと思います(平日なら)。

ただ、簡単なトイレ詰まりくらいならすぐ直したいという方はこのローポンプを持っていて損はないと思います。急な出費を防ぐための保険としてもいいですね。

仲の良いご近所さんと共同で購入するっていうのもいいかもしれませんね!

おくぷら

おくぷら

さーて、このローポンプひとつでトイレの詰まり解消しまくって荒稼ぎするかー!

おくみ

おくみ

やめなさ〜〜い

関連記事

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です